スタンディングダイエット!

前回ちょっとお話したと思いますが、スタンディングデスクワークのお話。簡単に説明すると、これは「立ちながらデスクワークをしよう!」というネーミングそのままの行動です(笑)。何でも海外の有名企業やクリエイターの間ではこれを取り入れている人が急増中とか!

何で立ってデスクワークをすると良いのか? それはまず座るデスクワークの悪い点から説明したほうが分かりやすいでしょうね。僕も感じているのですが、人は座り続けることに慣れていない骨格をしているんです。なので長時間座り続けていると肩こりや腰痛、血行不良を招いてしまいます。不良姿勢を正せばそれは和らぐみたいなんですけど、負担を0にすることは不可能みたいです。しかも恐ろしいことに、1日に座っている時間が長いほど、早死のリスクが高いという研究結果も出てるみたいっす(汗)。

人間は座ってるより立っている方が向いている。だからスタンディングデスクワークをしよう! ってことですよ。それが立って働くことの良い理由です。実際にこのやり方でデスクワークをしている人の声を聞いてみると、「肩こりと腰痛が消えた!」とか「集中力が高まって仕事の効率がアップした!」なんていう喜びの声が多数ありました。そして「ダイエットにもなった!」という声もありました。

■デスクワーク怖し…
スタンディングデスクワークにどんなダイエット効果があるかというと、いろんな理由があるみたいです。まずは立つ事で全身に均等に力を入れることが出来、普段中々立つという動作に慣れていない人には良い刺激になります。特に脚や腰、お腹なんかの筋肉を引き締める効果が期待できるみたいです。座っていると起きがちな血行不良も防げるので、その点からもダイエットに有効と言えます。

また、ある研究データでは「座っている状態では脂肪燃焼率が大幅に減少する」という結果が出ているようです。つまり座っている人ほど太りやすいってことですね……。またそれだけじゃなく、座り続けていると善玉コレステロールが低下したり糖尿病のリスクが高まるという結果も確認されてるみたいです。デスクワーク恐ろしや(怖)。

とまぁ、簡単にスタンディングデスクワークの利点と座ることの恐怖を書いてみました。立ってデスク作業をするだけでも大幅な健康改善とダイエット効果が得られることが分かってもらったかと思います。もちろん、僕が実際にまだチャレンジしたわけではありませんので、これが絶対的なダイエット法とはまだ言えません。でも、これが有効かどうか、自分の体を持って試してみようかなって思います!

Comments are closed.