ダイエット中の野菜摂取

最近は大豆製品ばっかり食べてます。自炊が苦手な僕ですけど、大豆製品ってのはこれといった難しい調理をしなくても食べられるので、そういう面でも助かってます。納豆はそのままでOKだし、豆腐もそのままでもいいし、茹でるくらい。それで薬味を乗っけて食べれば立派なおかずですよ。別に最近は食卓に肉が無くても不満にならなくもなりましたね~。良いダイエット食品を教えてもらえてよかった。

大豆製品を食べるようになって、摂取カロリーは大きく減ったことと思います。でも、栄養摂取的にはどうなのかという不安はあります。「野菜はちゃんと食べてるの?」と、おかんに口酸っぱくいまだに言われ続けており、先輩にも「野菜は本当にちゃんと食べたほうが良いぞ!」と言われました。野菜を食べなくちゃっていうか、野菜から得られる重要な栄養素の為に食べなきゃいけないんでしょうね……。

それで今悩んでいるのが、どうやって野菜の持つ栄養素を摂取しようかということ。ダイエット中という良い切欠でもあるので、これまでの野菜大嫌いという癖をたたきなおしておきたい。でも野菜は美味しくない。食べると気持ち悪い。薬と思って我慢して食べるが良いのか、嫌いなものは楽に摂取できるようにした方が良いのか、悩みどころです。

■野菜ジュースとサプリを摂取
野菜大嫌いな僕みたいな人間が選ぶのは、後者の“楽に摂取する”という選択。美味しい味付けが施された野菜ジュースであったり、サプリメントの摂取。これなら僕でも、無理なく摂取できる気がします。でも、一部の意見じゃ「野菜ジュースの栄養素はほとんど失われている」とか「サプリメントはあくまでも補助的なもの」と言われてます。野菜をちゃんと食べたほうが健康に良いとも。

野菜ジュースもサプリメントも安いもんじゃありません。わざわざ高い投資をして「実は効果が薄い!」となったらお金が勿体無い。だったら古くから人間がそうしてきたように、野菜を生であったり調理して食べたほうが無難っちゃ無難。そこで野菜が大嫌いな人間でなければ僕は野菜を食べる道を選ぶんだろうけど、本当に嫌いなんですよねぇ。そりゃあ食べられる野菜もありますけど、それじゃあ栄養は偏っちゃう。しかも嫌いなものに限って豊富な栄養が含まれていたりするんですよね(汗)。

色々悩んだ結果、とりあえずは野菜ジュースとビタミン系のサプリメントを毎日の食事に取り入れることにしました。これがどれほどの意味を成すかは分かりませんが、少なくともこれまで野菜的なものを避けまくってきた食生活に比べたら、大きな前進でしょう。

Comments are closed.